彩旬会 -冨川三和五を偲んで-

img_9465-0

2月22日、43歳という若さで生涯を閉じた冨川三和五の画業を偲び「彩旬会」を開催します。
「彩旬会」は金丸悠児、瀧下和之、冨川美和子、山村龍太郎毅望によるグループ展として2006年にスタート。
4人は東京藝術大学のデザイン科、油絵科、日本画科を卒業。
手法は違いますが新しい表現を試みる新進気鋭の若手作家の展覧会です。
今展では、冨川三和五の作品を中心に3人のオマージュ作品を展覧いたします

彩旬会 -冨川三和五を偲んで-
2015年8月24日( 月) ~ 9月2日( 水)
11:00-18:30 日曜休廊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です