彩旬会 -装- 夏

冨川三和五「装」F4号
冨川三和五「装」F4号

毎年恒例となった、金丸悠児、瀧下和之、冨川三和五、山村龍太郎毅望の4名によるグループ展、「彩旬会」。
4人はデザイン科、油絵科、日本画科を卒業。それぞれ、手法は違うが新しい表現に試みる新進気鋭の若手作家たちの展覧会となっています。
六回目を迎える本展では会期を前期と後期に分け、新たに四人の作家を迎え、夏、冬の2つに分けて紹介します。
前期では金丸悠児、冨川三和五、新たに門田奈々、安岡亜蘭の四人の展示となります。
装(よそおい)をテーマにそれぞれの個性のぶつかり合う意欲的な内容となります。

門田奈々「白の日」F4号
門田奈々「白の日」F4号

彩旬会 -装- 夏
2011年7月8日(金)―7月16日(土)
11:00-18:30 会期中無休
出品作家
金丸悠児 冨川三和五 門田奈々 安岡亜蘭

彩旬会 -装- 冬
2012年1月27日(金)―2月4日(土)
11:00-18:30 会期中無休
出品作家
大塚浩平 瀧下和之 武内明子 山村龍太郎毅望