斉藤 望 展

四季彩舎では斉藤望の個展を開催します。
斉藤の作品は、金箔の上にテンペラ・アクリルを用いて写実的な植物を描いています。
木製パネルの上に石膏を塗り、金箔を全面にあしらい、ともするとキツイ印象になりそうですが、角のとれた丸みが、全体をやわらかなイメージへと誘い、金箔の上に緻密に描かれた植物が独特の存在感を感じさせます。

斉藤 望 展
2018年11月8日(木)―17日(土)
11:00-18:30 日曜休廊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です