没後4年 高塚省吾

朝日ジャーナル挿絵 ニューヨーク ペン画
朝日ジャーナル挿絵 ニューヨーク ペン画

透明感のある裸婦を描き、美人画の第一人者として活躍した高塚省吾。
生前から四季彩舎にて毎年新作展を開催していましたが、 2007年に逝去されてからも
毎年、高塚の命日(5/28)に合わせ、 画業を偲んだ遺作展を開催しています。
今回は1978~1990年まで担当した「朝日ジャーナル」特派員エッセイの挿絵の作品を中心に展覧致します。

没後4年 高塚省吾
2011年5月20日(金)―5月28日(土)
会期中無休