金丸悠児展 KABUTO

四季彩舎では昨年の「アートフェア東京2016」以来、約1年振りとなる金丸悠児の個展を開催します。
金丸悠児は、ライフワークとして古代魚や亀といった時を司る動物を数多く描いており、独自のマチエルを用いたユーモラスな画風に定評があります。
2011年より新たな試みとして立体シリーズの作品を発表。
二次元で描かれていた動物たちの世界観を三次元で表現した作品は、平面の世界で佇んでいたモチーフが現実の世界に突如現れたようで、より愛着のある作品へと昇華します。

「動物と接するとき、私達は無意識に自らの願望を彼らに投影しています。
愛玩として、家族として、そして畏怖の対象として。
そのような動物に対する心の形を、身にまとう兜として表現してみました。」金丸悠児

「KABUTO」と題した今展では平面シリーズでも数少ない人物をモチーフにした作品を立体作品で発表。
壁面にはカードシリーズの作品を展覧いたします。
常に進化し続ける金丸悠児の世界をお楽しみ下さい。


金丸悠児展 KABUTO
2017年4月24日(月)―5月12日(金)
11:00-18:30 日曜、祝日休廊

Yuji Kanamaru Exhibition  KABUTO
2017.4.24mon.-5.12fri
11:00-18:30 Closed on Sunday , National holiday

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です